2012年1月8日に天理消防署において、救急救命講習をフロント、選手、保護者一緒に受講してきました。
一部の指導者や保護者の中には、2005年ガイドラインの普通救急救命講習を受講した経験のある人もいましたが、受講から時間が立っているということもあり、また、新しい2010年ガイドラインの内容で講習を受けることが出来、非常に有意義な講習内容になりました。
特に、選手全員も一般的に心臓マッサージと呼ばれる、胸骨圧迫の実技訓練を受けることが出来た事は、なかなか出来ない経験であり、その経験を通じ、命の尊さを感じてくれたのではないかと思います。
CA3I0073.jpg
スポンサーサイト
2012.01.10 Tue l 安全 l top ▲